italki 日本語

世界中で利用されている言語交換サイトitalkiですが、実は日本人だからこそできることがあります。

 

それは「外国人に日本語を教える」というものです。

 

私達日本人が外国語を勉強するように、世界には日本語を勉強したいという人がたくさんいます。

 

そういった人達に日本語を教えることで、生徒さんの国の言語を勉強にもなりますし、日本語指導を通じて海外に友達を作ることもできます。

 

そして、最大のメリットは日本語を教えることで“お金が稼げる”ということ。

 

正確には「日本語講師」としてitalkiに登録することで、世界中の日本語を習いたい生徒さんを相手に日本語を教え、受講料をいただくことができるのです。

 

ではそのためにはどのような手順を踏む必要があるのか・・・それについて詳しく解説していきます。

日本語を教えてお金を稼ぐためのステップ

先ほども言いましたが、italkiでは外国語を教わる“生徒”として使う以外にも、日本語を教える“講師”としても利用することができます。

 

当然講師として日本語を教えるわけですから、受講料をいただくことができるため、1つの副業として取り組むことが出来るわけですが、そのためには、次の3つのステップをクリアする必要があります。

 

 

「日本語の教え方」を勉強する

 

日本人からすると日本語普段から使っている言葉のため、全く意識することなく使っていますが、無意識に使えるからと言って誰かに教えられるものではありません。

 

特に相手は外国人で日本語のレベルもバラバラですから、日本人としてきちんと教えられるよう「日本語の教え方」を勉強する必要があります。

 

これをするのとしないのとでは、今後のステップの結果に大きく影響しますので、外国人にも分かってもらえるよう “教え方の基本”くらいは勉強して身につけておきましょう。

 

 

コミュニティチューターに登録する

 

日本語の教え方を勉強したら、次にitalkiからコミュニティチューターとして登録します。

 

コミュニティチューターとは、いわば家庭教師や塾講師のようなもので、言語を教えるライセンスを持っていない先生のことを指します。

 

ライセンスを所有しているプロの講師に比べて受講料は安いですが、気軽に登録することができるので、まずはこちらに登録してください。

 

 

レッスン時間を設定して講師になる

 

コミュニティチューターに登録後、自分がレッスン可能な時間帯を指定してレッスンの申込を待ちます。

 

当然レッスンできる時間が多ければ多いほど申込に来る受講生の数は多くなりますが、無理矢理詰め込んでも受講生に迷惑をかけることになりかねませんので、最初はある程度余裕を持ってスケジュールを組むといいでしょう。

 

 

 

日本語を普段から使う日本人にとって「日本語を教える」ことは一見簡単なように思えるかもしれませんが、実は意外と難しかったりします。

 

受講料をいただく以上、軽率な教え方をすることは受講生に失礼なので、自信がないのであれば日本語講師としてデビューする必要はありません。

 

ただ、こうしたitalkiの使い方もありますので、参考までにどうぞ。

 

 

>>italiki利用者達の総合的な評判はこちら